弊社はNTTの研究開発成果を基にしたNO-DIG技術を駆使して、効率的な社会資本整備の一翼を担うとともに、地球環境保護にも貢献していきます。

アイレック技建株式会社

TOP>事業案内>非破壊探査事業

非破壊探査事業

見えない地下を探るテクノロジー エスパー探査

エスパーは環境に優しい事業です。

特長1

高速でデータを収集します。

試験掘に比べて探査時間、コストが大幅に削減できます。

特長2

探査対象の材質を選びません。

探査対象物は、金属管、非金属管のほか空洞も探査できます。

特長3

幅広い用途に対応します。

道路下空洞、埋設物、埋設管、遺跡探査にも利用されています。

特長4

精度の良い探査が可能です。

探査精度は水平方向±10cm以内、深さ方向±10%以内です。

特長5

非開削探査のため環境に優しい技術です。

試験掘により埋設物を確認するよりもCO2排出量を92%削減します。

特長6

最大探査可能深度は2.5m程度です。

探査可能深度は、土質状況によって異なりますが、最大2.5m程度まで探査可能です。

特長7

専用ソフトを装備しています。

パソコンで高度な解析が可能な専用ソフトを装備しているので、報告書作成の能率が飛躍的にアップします。

サービス内容

地下埋設物等の位置・深さ調査

道路の地下には上下水道、電気、通信、ガス等の管路が布設されており、 道路工事や埋設物関連工事の際には工事箇所の地下埋設物位置の事前把握が必要となっています。 この地下埋設物の位置・深さを掘らずに、エスパーシリーズと電磁誘導法を組み合わせて 精度よく調査・探査することが可能です。

路面下の空洞探査・調査

道路の地下には周辺での工事など様々な原因により「空洞」が発生することがあります。 この空洞は時間経過ともに、道路直下へ移動したり、 大きくなり、道路陥没等を引き起こす可能性があります。 この空洞の位置・深さを、効率的に掘らずに調査・探査することが可能です。 車載搭載型(ロードエスパー3D)と手押し型(エスパーEG)の2タイプの探査装置により、 現地の条件により使いわけて探査・調査をすることが可能です。

コンクリート構造物内部の鉄筋調査

コンクリート構造物(建物、トンネル、マンホールなど)の配筋・配管状況 を非破壊で探査することができます。

コンクリート構造物の版厚、ひび割れ深さ等の調査

コンクリート構造物を安全な状態で長期間共用するために、 コンクリート構造物の状態(厚さ、ひび割れ、剥離など)を調査することができます。 本装置はコンクリート内部を高い精度で調査可能な「超音波法」検査装置です。

下水道取付管内の状況、管周辺の空洞の有無の調査

カメラで管内状況を確認しながら、 電磁波を用いて管周辺の空洞の有無を探査することが可能です。

商品一覧

コンクリート柱の健全度調査(ひび割れの有無)

コンクリート柱の健全度を検査するため、「画像処理技術」、「超音波」、「振動解析技術」により調査します。

エスパーはこんなところに使われています

調査員または製品にカーソルを合わせると、探査・検査内容と該当商品が見られます。

エスパーはこんなところに使われています

地下埋設管探査の測定

PC橋シースグラウト充填検査

広域な空洞及び<br>地下埋設管探査

広域な空洞及び<br>地下埋設管探査

イラスト5

地下埋設物探査

地下埋設管及び空洞探査

広域な敷地内探査

敷地内空洞及び埋設管探査

イラスト11

鉄筋探査

コンクリート建物床下及び壁面の配筋及び配管探査

コンクリート構造物のひび割れ深さ・劣化部検査

トンネル空洞及び劣化部検査

地下埋設管探査の測定

非破壊探査の技術は、画像検査の分野でも活用されています。

アイレック技建の外観検査装置

アイレック技建の外観検査装置

アイレック技建は、独自の技術により各種印刷物の欠陥や誤印刷を検出する「外観検査装置」を様々な産業分野に提供しています。パッケージ、カップ、ボトルなど様々な形状にご対応していますので、お気軽にご相談ください。

>> 詳しくはこちらから

事業案内一覧に戻る