PAGE TOP

アイレック技建
陥没事故を防ぐ道路下の空洞調査 Road Espar 3D
※自動再生されますので、音量にご注意ください。

ロードエスパー3Dとは?

ロードエスパー3Dは、空洞探査・地中設備の探査を行う新型レーダを搭載した路面下探査車です。一走行で三次元の地中データを取得し、効率良く作業ができます。
また、GPS­を使用し、地図ソフトと連動させることで地図上で探査データを容易に確認できます。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせの際は、「ロードエスパー3Dのランディングページを見て」とお伝えいただくとスムーズにご対応させていただけます。
メールでのお問い合わせの際は、タイトルに「ロードエスパー3Dに関するお問い合わせ」とご記入ください。

お問い合わせ電話番号
お問い合わせメールアドレス
アイレック技建
「ロードエスパー3D」で地中の真田丸の痕跡を確認!NHK番組「歴史秘話ヒストリア」の真田丸探査企画に参加・ご協力いたしました。

「ロードエスパー3D」で
地中の真田丸の痕跡を確認!

NHK番組「歴史秘話ヒストリア」の真田丸探査企画に参加・ご協力いたしました。

大坂冬の陣で活躍、無敵の要塞として有名であるにもかかわらず、400年間、場所も規模も形もわからなかった真田丸。弊社では、NHK番組「歴史秘話ヒストリア 徹底解明! これが“真田丸”だ~地中に残された幻の城~」(平成28年1月6日放送)において、真田丸の真の姿を探るコーナーの地中探査にご協力。走行するだけで地中の様子を3次元で見ることができる「ロードエスパー3D」の探査技術をご提供いたしました。その測定結果がこれまで注目されていなかったエリアに堀の痕跡を捉え、専門家の分析によって真田丸が埋まっているであろう箇所を初めて絞り込むことができました。

真田丸の遺跡発掘調査01
真田丸の遺跡発掘調査02
真田丸の遺跡発掘調査03

真田丸のあったと言われる大阪市内の複数の場所を「ロードエスパー3D」でくまなく走行。その場で測定・解析した結果、これまで有力とされてきたところではなく、あまり注目されていなかった場所で真田丸の堀の痕跡をキャッチし、場所の特定に貢献しました。

JAL旅客機放映情報
NHK番組「歴史秘話ヒストリア」

「ロードエスパー3D」が登場するNHK番組「歴史秘話ヒストリア 徹底解明! これが“真田丸”だ~地中に残された幻の城~」(平成28年1月6日放送)が、日本航空国際線・国内線の機内で放映されることが決定しました。ご搭乗の際は、ぜひお楽しみください。

番組名

「歴史秘話ヒストリア 徹底解明! これが“真田丸だ”~地中に残された幻の城~」 (2016年1月6日放送NHK)

放映場所

JAL機内

上映期間(予定)

11月~12月(国際線)
12月~2017年1月(国内線)

ロードエスパー3Dの装備

ロードエスパー3Dの装備画像

特徴1 探査作業の効率化と解析の精度向上を実現

一度の走行で、縦断・横断・平面の三次元データの取得が可能です。その取得データは、高周波の高い分解能と低周波の深い探査深度を両立し、高密度化を実現しています。データの解析は、一画面で3つの方向から計測したデータを見ることができます。

探査作業の効率化と会席の精度向上を実現

3方向でデータを計測し、解析画面でも同時に表示します。

一走行で三次元の地中データを取得可能
一走行で三次元の地中データを取得可能

ロードエスパー3Dを使用して実際に発見した空洞の例

探査事例 1

空洞探査例01

探査事例 2

空洞探査例02

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせの際は、「ロードエスパー3Dのランディングページを見て」とお伝えいただくとスムーズにご対応させていただけます。
メールでのお問い合わせの際は、タイトルに「ロードエスパー3Dに関するお問い合わせ」とご記入ください。

空洞調査のお問い合わせ電話番号
空洞調査のお問い合わせメールアドレス
アイレック技建

特徴2 探査データとGPSデータの連動

探査データとGPSデータの連動

探査データとGPSデータを走行しながらリアルタイムに同時取得することで、より正確なデータ解析を可能にします。

地図ソフトと連動することで確認が容易に

取得したGPSデータを使用して、地図ソフトと連動させることで地図上への探査データ表示が可能です。これにより異常箇所が一目でわかるようになります。同じ区間の上下車線の複数データを1度に表示できるので、周辺状況との照合が行え、構造物たとえば橋梁のジョイント部分や水路などの確認がこれまでよりも容易になります。

特徴3 速度約50km/hで走行しながらの探査が可能

速度約50km/hで走行しながらの探査が可能

速度約50㎞/hで走行しながら、周囲の交通を妨げずに長距離探査ができます。

ロードエスパー3Dのスペック

測定方式 電磁波レーダ方式(ステップパルス方式)
主な用途 地下埋設管探査、空洞調査
性能 探査可能深度 ~1.5m程度
探査測線数 28測線
探査速度 約50km/h
外形寸法 アンテナ部 800mm(L)×2,400mm(W)×140mm(H)
備考 車輌一体型
GPSデータと探査データを地図ソフトへ連動表示可能

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせの際は、「ロードエスパー3Dのランディングページを見て」とお伝えいただくとスムーズにご対応させていただけます。
メールでのお問い合わせの際は、タイトルに「ロードエスパー3Dに関するお問い合わせ」とご記入ください。

空洞調査のお問い合わせ電話番号
空洞調査のお問い合わせメールアドレス
アイレック技建

特徴4 カメラシステムで3方向の周辺環境を撮影

カメラシステムで3方向の周辺環境を撮影

解析時に探査データの位置関係をより正確に把握するため、車両に搭載されたカメラシステムで前方・左右の3方向を撮影し記録します。

特徴4 カメラシステムで3方向の周辺環境を撮影

アンテナ監視カメラと路面レーザーでより安全な探査が可能。

アンテナ監視カメラと路面レーザーでより安全な探査が可能。

安全な探査をするために、路面レーザーと左右・後方のアンテナ監視カメラで車両周辺の状況を確認しながら走行します。車両前方に搭載されている路面レーザーが障害物を感知するとアラートがなります。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせの際は、「ロードエスパー3Dのランディングページを見て」とお伝えいただくとスムーズにご対応させていただけます。
メールでのお問い合わせの際は、タイトルに「ロードエスパー3Dに関するお問い合わせ」とご記入ください。

空洞調査のお問い合わせ電話番号
空洞調査のお問い合わせメールアドレス
アイレック技建
アイレック技建株式会社 〒111-0034 東京都台東区雷門1-4-4 ネクストサイト浅草ビル 【ホームページ】 https://www.airec.co.jp/